忌明け

日取りは、早目に関係者へ連絡します。

忌明け法要忌明け法要は、亡くなった日を入れて三十五日目、もしくは四十九日目に営む習わしですが、直前の休日に行う場合が多くなっています。


僧侶の予定を尋ね、日時、場所を決定します。
親戚関係、故人の友人関係など特にお世話になった方々を招きます。
日時が決定したら、なるべく早目に関係者に連絡します。
連絡は、電話またはハガキにておこないます。


白木の位牌を本位牌に変えます

忌明け法要までに、塗りや唐木の本位牌を用意しておきます。
掛軸・お花・線香・ローソク等の用意をしておきます。
忌明けを過ぎた白木の位牌は、菩提寺と相談して処置します。


法要の後、会食をおこないます。

会食には、引物をつけるのが一般的です。
お供え物を、皆さんに分け一緒にお持ち帰りいただく場合もあります。
手提げ袋や風呂敷を人数分用意し、持ち帰りに便利なようにしておきましょう。


帰りに、引物をお渡しします。

忌明け法要までに、塗りや唐木の本位牌を用意しておきます。
掛軸・お花・線香・ローソク等の用意をしておきます。
忌明けを過ぎた白木の位牌は、菩提寺と相談して処置します。


法要の服装

喪主とその家族は、なるべく略礼服を着るようにします。
参列者は、略礼服か黒っぽい服装で出席するようにします。

参列者の席位

法要の席位は、葬儀ほど神経質になる必要はありませんが、目上の方、遠方の方、故人と親しかった方は、なるべく上座にします。喪主は、法要の進行をつとめます。

法要の進行順序

法要の進め方は、宗旨・宗派や、会場が自宅、会館、寺院などにより異なりますが、自宅や会館にておこなう場合は、おおむね次のとおりです。

1  一同入場・着席
2  開式のあいさつ(省く場合もあります)
3  ろうそく、線香に点火
4  僧侶に合わせて、礼拝
5  読経
6  焼香(僧侶の指示により、参列者全員が順におこなう)
7  法話
8  閉式のあいさつならびに会食の案内(喪主)
9  お斎(会食)
10  お開きのあいさつ(代表者)


逮夜と初七日の行い方

臨終から六日目の晩が逮夜で、宗派によっては逮夜法要を重くみます。故人の冥福を祈って一晩中語り明かす風習がありました。法要は期日を早めてもよいので、初七日は逮夜法要と合わせて一日前にいっしょにすませることが多くなりました。 初七日の法要は、実際には骨あげの二、三日あとにあたりますから、祭壇には遺骨、遺影などを飾ったままにしておきます。葬儀の続きのような雰囲気のなかで、近親者、親族、親しい友人、知人はもとより葬儀のときに世話になった人を招いて、僧侶にお経をあげてもらい、そのあと一同に茶菓や精進料理などを供します。地方によってはこの日を「精進おとし」として生臭物をつかった料理でもてなしたりします。また遠隔地から出向いた近親者がある場合などは、初七日の法要を繰りあげて、火葬場から帰ったあとの法要といっしょにすませることもあります。いずれにしても、初七日の法要で一区切をつけます。


五七日までの法要

二七日(14日目)・三七日(21日目)・四七日(28日目)は僧侶を呼んで読経してもらいますが、最近は僧侶の読経を略して家族だけで法要するところも多いようです。五七日(35日目)は、死者が冥土で五回目の審判を受けるたいせつな日として、親類、縁者、僧侶を招いて初七日と同じように手厚く法要を行います。宗派によっては五七日に忌明けする場合もあります。


七七日(49日)の法要

七七日(49日目)は仏教では、この日の審判で死者の運命がきまるといわれ、忌日のなかでも重要な日とされています。さらに忌明けの日でもありますから、たいていの場合は、この日に近親者、友人、知人、僧侶を招いて埋骨式(納骨式)をし、そのあと精進料理を供し、大がかりな法要にします。葬儀のときは香典をいただいたところへは、忌明けのあいさつ状とともに、香典返しの品をおくります。仏壇のなかった家も四十九日の忌明けまでには、新しい仏壇を用意します。仏壇の扉は、忌明けまでは閉じておくのがしきたりですが、忌明け後は、朝、扉を開き、夕方閉めるのがふつうです。毎日、水とご飯と好物などを供えますが、朝夕、供え物をしたり、拝むときだけ扉を開いてもかまいません。また、葬儀のとき戒名を書いてもらった白木の位牌は、忌明けまでは遺影とともに祭壇に置きますが、忌明けとともに寺へ返し、代わりに塗りの位牌(仏具店で戒名を書いてもらう)を入魂供養して仏壇に納めます。




前のページに戻るページのトップに戻る